産業廃棄物の廃棄・収集は一宮のサン・アールにおまかせ下さい

解体トラブル

こんにちは。

弊社では家屋解体を年間300棟以上解体させていただいております。

地方の田舎町から名古屋市中心部まで施工エリアはさまざまです。

そんな実績がある中から今日は、この解体中に起こる1番多いトラブルをご紹介したいと思います。

【騒音、振動、埃の粉塵トラブル】

この問題が恐らく業界ナンバーワンのトラブルですね。

昔に比べ重機の性能もかなり向上しエンジン音も軽減されてきましたが、壊していく行為自体に騒音が発生してしまいますので、普段静かな住宅街からすれば迷惑な騒音だと思います。

振動の問題も10トンから20トンの機械が動いているわけですから地盤の種類によって隣接している住民さんからすれば微小地震が常に起こっている感じになります。

埃問題も常に水を散水しながら作業しますが、散水機の風圧で埃が逃げていったり風向きの変化により養生シート外に埃がいったりと完璧にゼロにすることは難しいです。

以上の問題は不可抗力だと思い「工事期間中は我慢してくれ」と思う解体業者がほとんどだと思います。

不可能に近いことですから1番トラブルが多いのだと思います。

根本の原因を置き去りにしてこの先の解体業イメージアップはあり得ません。

すぐに解決は無理なんですが、10からゼロに近づける努力を職人さんと一緒に考えていきたいと思います!

この他にも色々と問題はありますので、また紹介していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です